収益向上にも繋がるプライバシーマーク

ITについてどの程度の知識・知見があるかを値踏みしておくべきです。
インターネットを筆頭にしたIT関連の知識とか知見があるかどうかも、コンサルタント会社を見極める大切なポイントになります。本来今のご時勢、情報セキュリティとITは不可分であり、切っても切り離せません。
個人情報管理の体制をキチンと整備して運用をする“実”が伴ってなければ、リスクが却って高まるだけです。そこで大事になってくるのが、コンサル会社の「提案力」と「サポート力」です。
会社としての姿勢をチェックした後、コンサルティング個人の能力も推し量っておくべきデス。

 

Pマークは取得すればいいというものではありません。
Pマーク取得の担当者自身がITに明るくないのならば、情報システム系の部署の方に同席してもらうなど協力を仰ぐとよいでしょう。
以上が優れたコンサル会社を見極めるポイントですけど、実のところはコンサル会社の能力は、所属をするコンサルタント個人の力量にも大きく左右されます。
サーバーの設定や管理、ファイヤーウォール設置とかアクセス権限設定など、セキュリティを実装するにあたり、どういった設備やシステムが必要なのか的確に判断してもらえるコンサル会社でなければ話となりません。